食べに行けないなら作ってしまえ!『地元の料理上手が教えてくれた おいしい台湾レシピ』

食べに行けないなら作ってしまえ!『地元の料理上手が教えてくれた おいしい台湾レシピ』

non-ki編集部は台湾推し。ほどよい緩さと優しい人たち、そして美味しいご飯とリラックスできる要素しない素敵な場所なのですが、新型コロナウイルスの影響で、観光旅行には行けない状態です。あまりにも台湾が恋しくて台湾料理店にも足を運んでいますが、そうなると懐具合が……

だったら自分で台湾料理を作ればいいじゃないか。ということで、今回ご紹介するのは、クックパッドが海外版の人気レシピの書籍化するシリーズの第一弾となる『地元の料理上手が教えてくれた おいしい台湾レシピ』です。

毎日食べたくなる台湾料理がいっぱい!

料理が好きな人にとっては、もはやなくてはならないサービスのクイックパッドですが、実は日本だけでなく世界74カ国・地域、32言語で料理レシピ投稿・検索サービスを展開しています。このため、世界中の料理のレシピが詰まっていることになります。

そのレシピを「クックパッド 世界の台所から」シリーズとして書籍化することになり、その第一弾として人気の台湾料理が選ばれました。

『地元の料理上手が教えてくれた おいしい台湾レシピ』は台湾の現地法人と現地ユーザーの全面協力を得て、台湾の家庭で愛され、実際に作られている人気レシピばかりを1冊の本にまとめています。美味しかったあれもこれも自分で作れるって、ちょっとすごくないですか。

台湾料理は日本料理とは違った調味料を使うので、帰国してからいざ自分でつくろうとすると、どうも同じ味にならなくて残念な思いをしたことのある人も、これなら完全再現できてしまいます。台湾に行くのが難しいけど、台湾が恋しい。そんな気持ちを少しでも埋めたい人は、ぜひお近くの書店でお求めください。

日本で手に入る代替材料も紹介

台湾料理を作るとなると、気になるのは食材や調味料ですよね。台湾でしか手にはいらないもの、日本では入手困難なものがあって、レシピがあっても食材や調味料が手に入らないのでは絵に描いた餅ですが、さすがクイックパッドです。ちゃんと日本で手に入る代替材料も紹介されています。

「ルーロー飯」や「豆花」など日本で人気のグルメだけでなく、一般の家庭で作られている家庭料理も掲載されており、これまで知らなかった台湾料理も楽しめるのが本書の魅力です。旅行が再開されたとき、自分の作った味が本当に正しいのか確かめに行くという楽しみもできます。

小籠包や魯肉飯だけじゃなく、もっと深く台湾料理を知りたい人にもおすすめの1冊。眺めているだけでもおうち時間を楽しくなる料理本ですので、台湾好きなら必ず手に入れておきましょう。

目次

PART1 料理上手のキッチンから
PART2 毎日の台湾おかず(炒め物/おつまみ/煮込み・鍋・スープ/ご飯・麺)
PART3 街角で人気の粉料理とスイーツ(粉料理/おやつとデザート)

料理コラム
・「電鍋」は台湾キッチンの必需品です
・おうちでタピオカミルク作ってみませんか?
・ 料理で旅する台湾一周

収録レシピ(全66レシピ)
・東坡肉(トンポーロー)
・魯肉飯(ルーローハン)
・鹹豆漿(シェントウジャン)
・葱油餅(ツォンヨウビン)
・豆花(トウホワ)
・タピオカミルク 

書籍情報

タイトル:『地元の料理上手が教えてくれた おいしい台湾レシピ』
発売日:2020年9月17日(木)
定価:1,200円(税抜)
仕様:B5変型版/96ページ
発行:株式会社世界文化社
監修:クックパッド株式会社

書籍カテゴリの最新記事