腸内環境を整えよう!『新型肺炎に負けないからだをつくる! 医者が考案した究極のヨーグルト健康術』

腸内環境を整えよう!『新型肺炎に負けないからだをつくる! 医者が考案した究極のヨーグルト健康術』

新型コロナウイルス感染拡大により、免疫力を高めることの重要性が広まりました。免疫力を高めるためには、適度な運動と十分な睡眠、そして腸内環境を整えるための食事が有効とされていますが、今回ご紹介するのはその腸内環境を改善するためのヨーグルト活用方法についての書籍です。

ヨーグルトに期待できる効果

  • 自律神経を整え免疫力アップ
  • 腸内環境を整える
  • 血糖値の乱高下を抑制
  • 尿酸値の上昇を防止
  • 口内環境を改善
  • ピロリ菌の活動を抑制
  • 肝機能を改善
  • メンタルを安定させる

ヨーグルトってただの乳製品だと思っているかもしれませんが、実はこんなにもたくさんの効果が期待できます。得られる効果の大きさに個人差がありますが、そもそも栄養価の高い牛乳に乳酸菌を混ぜて発酵させることで、私たちの体に適した食べ物へと変わるわけです。

ヨーグルトは免疫細胞の活性化させ、さまざまな作用で内臓やメンタルの健康に寄与することが科学的に証明されており、新型コロナウイルス対策の食品としても期待されているわけですが、そのメリットについてきちんと理解している人はあまりいません。

そこで本書が登場するわけです。本書では「自律神経・ホルモン分泌・腸内環境・何をいつ食べればいいか」といった観点から、ヨーグルトを軸にした免疫力アップのためのレシピや生活習慣を紹介しています。これらの知識をつけることで『ウイルスに負けないからだをつくること』が可能になるというわけです。

ヨーグルトに関する豆知識

『新型肺炎に負けないからだをつくる! 医者が考案した究極のヨーグルト健康術』でヨーグルトの魅力についてたっぷりと紹介してますが、意外と知られていないヨーグルトの豆知識をご紹介します。

◇ヨーグルト・ファースト習慣でダイエット

食事の最初にヨーグルトを食べる「ヨーグルト・ファースト」という習慣は、血糖値の乱高下を緩和してくれます。太りにくくするには野菜から食べるのが1番だと聞いたことがあるかもしれませんが、最近の研究ではタンパク質や乳酸菌にも同じような効果があることが分かっています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌×タンパク質のダブルの働きによって、血糖値の急上昇を防ぐことができ、肥満や老化予防にもつながるというわけです。食事にヨーグルトを取り入れている人は多いかと思いますが、実は食べる順番も大切なことは意外としられていません。

せっかくヨーグルトを食べるなら順番も気にして食べるようにしましょう。

◇食物繊維と発酵食品で免疫力をさらにアップ!

ヨーグルトをだけでも免疫力が上がりますが、実は食物繊維や発酵食品と一緒に食べることでさらなる免疫力アップに繋がります。

食物繊維
善玉菌のエサになる“水溶性食物繊維”は便のかさを増して蠕動(ぜんどう)運動をスムーズにし、腸をきれいにします。オートミールのように食物繊維がたっぷり含まれた食材を一緒に食べましょう。

酵食品
腸内細菌のバランスが改善され、食品のうま味や香りも増します。意外な組み合わせかもしれませんが、ヨーグルトと漬物は最高の組み合わせとされています。さすがに合わせにくいという人はチーズと一緒に食べるようにしましょう。


もっと詳しく知りたいという人はぜひ『新型肺炎に負けないからだをつくる! 医者が考案した究極のヨーグルト健康術』をお求めください。

書籍カテゴリの最新記事