脳脊髄液を増やして免疫アップ!『ハイパフォーマンスな人が実践する 究極の免疫セルフケア』

脳脊髄液を増やして免疫アップ!『ハイパフォーマンスな人が実践する 究極の免疫セルフケア』

私たち人間の体はまだ解明されていないことが多く、その中でも脳脊髄液は役割が不明とされているもののひとつです。ただ、脳脊髄液を調整することで、体の痛みや難病、うつなどが治療できる可能性があることがわかってきました。

この『ハイパフォーマンスな人が実践する 究極の免疫セルフケア』は、そんな脳脊髄液を増やすために、いかにして水と塩を摂ればいいのかという話が書かれています。6月19日に発売され、たちまち重版されることになった、この本についてご紹介します。

水と塩で新型コロナウイルスに負けない体を作る

2020年、世界中に拡大している新型コロナウイルスですが、現時点では確実な対処方法がありません。ただ、ウイルスですので免疫力を高めることで、新型コロナウイルスが体内で生き残れないようにすることはできるのではないかと言われています。

このため、免疫力が高くなるとテレビで紹介されるたびに、特定の食材がスーパーから消えてしまう現象が続きました。でも、そんな食材に頼らなくても、水と塩だけで免疫力を高められると紹介しているのが本書です。

著者の松本恒平さんは、よしもと芸人から治療家に転身した異色の経歴を持ち、6万人の身体をケアして「第3の体液」と注目される脳脊髄液を増やしてハイパフォーマンスを実現するという手法にたどり着きました。この手法はすでに多くの有名人やアスリートが実践しています。

川崎ブレイブサンダース主将:篠山竜青さん
「アスリートの僕にとって全く知らないわけではなかった水分補給と塩分補給。松本先生のお陰で、この2つを正しく摂取することでここまで体に変化があるのかと実感することができました。水と塩で、自分のコンディションを、ワンランク引き上げてもらいました。」

お笑い芸人:銀シャリ
「数多くある本の中で、信用とは知識の量だと思います。僕はこの本を読んで信用と出会いました。」(鰻和弘)
「世界一情熱的な“塩”対応がここに!」(橋本直)

自分が本来持つ力を最大限に発揮すれば、新型コロナウイルスに限らず、様々なウイルスに負けない体を手に入れることができます。そのために必要なのは本物の知識です。本書で学び、正しい方法で水不足や塩不足を解消し、自分の体を目覚めさせましょう。

商品概要

【目次】
はじめに 心身のコンディションを左右する“第3の体液”があった
第1章 超一流の人たちの「究極のセルフケア」
第2章 身体と神経の「ハイエナジー」は脳脊髄液がつくる!
第3章 日本人は深刻な「水」不足&「塩」不足
第4章 実践!究極の免疫セルフケア
第5章 タイプ別セルフケア方法(症状編・職業編)

●商品名:『ハイパフォーマンスな人が実践する 究極の免疫セルフケア』
●著者:松本恒平 監修:清水智之
●判型・総ページ:四六判 240ページ
●定価:本体1,364円+税
●発売日:2020年6月19日
●出版社:株式会社飛鳥新社

書籍カテゴリの最新記事