秋バテを解消しよう!ポイントは「食事・睡眠・運動」にあり

秋バテを解消しよう!ポイントは「食事・睡眠・運動」にあり

夏の暑さも落ち着き、ゆっくりとですが季節は秋へと向かっています。秋は気候もよく、外に出るにも家で過ごすにも最適な季節ですが、何をするにしても、まずは健康であることが求められます。ところがこの季節の変わり目に、どうも体がダルさを感じている人いますよね。

それ「秋バテ」と呼ばれる状態かもしれません。あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、秋バテになる人は意外と多く、しっかりと予防しておく必要があります。そこで、今回は秋バテについての基礎知識や予防方法、解消するためのコツをご紹介していきます。

秋バテとは

夏が終わり涼しくなってきたのに、「食欲がない」「体がだるい」という症状が1〜2週間も続いていたら、それは秋バテの可能性があります。秋バテは自律神経の変調によって体調が崩れた状態のことで、他にも疲れ、めまい、頭痛、肩こりという症状を引き起こします。

秋は気候が変化しやすく、さらに1日の寒暖差も大きいことから、自律神経のバランスが崩れやすい条件が揃っています。

例えば、日中の気温は高いので夏と同じように薄着で過ごし、そのまま夜になって体を冷やしてしまうことありますよね。体が冷えれば血行が悪くなりますが、血行と自律神経と結びついているので、血行が悪くなると自律神経が乱れてしまいます。

それでも通常は体がなんとかして適応しようとするのですが、夏の疲れを引きずったままでいると、「食欲がない」「体がだるい」といった秋バテの症状が出てしまいます。大事なのは、そうならないよに予防すること。そして症状が軽いうちに解消することです。

どうすれば予防や解消できるのか、詳しく見ていきましょう。

体を温める食事と睡眠環境の改善で予防

秋バテ予防で意識したいのは食事と睡眠です。栄養バランスのとれた食事を心がけるのはもちろんですが、できるだけ旬の野菜を摂るようにしましょう。野菜というのは面白いもので、夏野菜は体の熱を取り除くのに適していて、秋野菜や冬野菜は体を温める効果があります。

秋バテ予防に効くとされているのは、次の秋野菜です。

・さつまいも
・やまいも
・かぶ
・にんじん
・しいたけ

根菜類が多いのですが、根菜類を煮込むなどして温かくなるよう調理するのがポイントです。胃腸に負担をかけないように、しっかりと噛んで時間をかけて食べるようにしましょう。食べ過ぎも胃腸に負担がかかりますので、腹八分目を心がけてください。

また、良質な睡眠を維持できれば、疲れから回復できるので秋バテを防ぐことができます。このために大切なのが睡眠環境の改善です。夏のように半袖短パンという格好ではなく、長袖長ズボンにして体を冷やさないように心掛けてください。

また、寝ている間に気温が下がっても対応できるように、掛け布団だけでなく、手の届くところにブランケットや毛布などを用意しておきましょう。シャワーではなく湯船に浸かることも、睡眠の質を上げますので、疲れを感じるようでしたらゆっくりと入浴して体温を上げてください。

ほどよい運動で秋バテを解消しよう

秋バテになってしまうと何をする気も起こらなくなりますが、そういうときにダラダラ過ごすと、さらに血行が悪くなって疲れやすくなります。だるさを感じている程度なら、外に出て体を動かすようにしましょう。

ポイントは朝晩の涼しい時間に運動するということです。夏が去ったとはいえ、日中は30℃近くまで気温が上がってしまいます。そんな環境で運動したら余計に疲れてしまいます。涼しい時間に30分のウォーキングやジョギングをして、血行を改善し自律神経を整えましょう。

運動をがんばりすぎても逆効果ですので、軽めで切り上げることが大切です。薄っすらと汗をかいたらそれで十分です。ほどよい運動は良質な睡眠にもつながりますので、まだ動ける余裕があるなら、休むのではなく体を動かしってください。

ただし、とても運動ができないほど疲れていたり、食事や睡眠を改善し、運動をしているのに疲れがずっと抜けなかったりするようでしたら、他の病気の可能性もありますので、きちんと病院で診てもらいましょう。

コラムカテゴリの最新記事