1日16時間のプチ断食でお腹回りのダイエット!オートファジー痩せる仕組み

1日16時間のプチ断食でお腹回りのダイエット!オートファジー痩せる仕組み

ランニングなどの運動をしても、かなり強度の高いダイエットをしても、なぜかすっきりしないお腹周り。これはもう加齢によるものだと諦めている人もいるようですが、実は正しい方法でダイエットをすれば、お腹周りの脂肪は簡単に落ちてくれます。

嘘だと思うかもしれませんが、私は実際にこの方法を使い3週間でウエストが6センチも細くなりました。その方法が「プチ断食」にあります。さらに人間が持つオートファジーという機能を組み合わせることで、痩せるだけでなく健康的な体を手に入れることができます。

今回はそんなプチ断食とオートファジーについて、わかりやすく解説していきます。

プチ断食をすればお腹周りの脂肪が燃焼する

人間の体は上手く作られていて、お腹周りの脂肪が落ちにくいのは内臓を守るという役割があるためです。神様が決めたのかどうかはわかりませんが、お腹周りの脂肪はとても役立つので血行を悪くなるような構造にして、簡単には使わないようにできています。

簡単に使わないようになっているのですから、使わなくてはいけない状況にしてしまえばいいんです。そのためには体が飢餓状態になる必要があります。体内のグリコーゲンが不足して、脂肪を使うしかない状態を意図的に作り出します。それがプチ断食です。

断食と言っても何日も食べない状態を作るわけではなく、12〜16時間ほど食べないようにすれば、お腹周りの脂肪をエネルギーに変換し始めるので、長くとも16時間のプチ断食を継続することでお腹周りはみるみる痩せていきます。

ただ、どれくらいの時間で痩せるかは人によって違います。女性の方が早く脂肪の燃焼が始まると言われていますが、個人差があるのでこれは自分で確かめるしかありません。もっとも16時間のプチ断食をしておけば、ほとんどの人がお腹周りの脂肪を落とせます。

人間の体がそうできていますから。

16時間のプチ断食をすることでオートファジーが起こる

12〜16時間のプチ断食をすると、肝臓内のグリコーゲンが不足してお腹周りの脂肪が燃焼します。実はこれには先があります。断食状態が16時間続くと、今度は細胞内でオートファジーという現象が発生します。オートファジーは日本語にすると自食作用です。

細胞内には古くなったり壊れたりしたタンパク質やミトコンドリアなどが溜まっています。これらは体にとっては不要なものですが、通常は除去されないのでどんどんと細胞内に溜まっていきます。ところがオートファジーによって、これらが新しいエネルギー源に再生されます。

グリコーゲンもない、脂肪の燃焼も間に合わない。そうなったときに、体が「このままではまずい」と不要物をエネルギーにするわけです。嘘のような機能ですが、オートファジーの仕組みを解明した功績から東京工業大学の大隅教授が2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

オートファジーはまだまだ分かっていないことが多いのですが、オートファジーの不活性化で肌が老化することがわかっており、プチ断食でオートファジーを起こすことで肌の若返りが期待できます。これは私の実感ですが、40代にして肌に透明感が出てきました。

もともと肌が弱く、ちょうど肌荒れで2ヶ月近くアザのようになっていた部分も3週間できれいになっています。本当に魔法のような現象ですが、せっかくプチ断食をするならここまでセットにしたいところです。

睡眠時間を上手く活用する

16時間とはいえ何も食べない時間を作ると、さすがに最初は慣れずに空腹に悩まされます。ですので16時間のプチ断食では、睡眠時間を上手く活用して行います。7時間睡眠できれば、起きている時間で食べないのは9時間だけです。

もし朝ごはんを抜くなら、12〜20時が食べてもいい時間。夕ごはんを抜くなら、7〜15時が食べてもいい時間になります。ここでポイントがあるとするなら、できるだけ食事の間隔を広げるということです。

朝ごはん抜き
12:00 昼ごはん
16:00 おやつ
19:30 晩ごはん

夕ごはん抜き
07:00 朝ごはん
11:00 おやつ
14:30 昼ごはん

こんな感じになります。おやつでしっかりとカロリーを摂るようにしましょう(もちろんできるだけナチュラルな食べ物を選びましょう)。食べていけないものはありません。あえて言うなら糖質をしっかりと摂取することです。間違っても糖質制限をしてはいけません。

プチ断食をすると自然と摂取カロリーが減ってしまいます。それもかなり減ります。これは健康を維持する上であまりよろしいことではありません。その状態で糖を抜いてしまうと低血糖で倒れてしまいます。意識して糖質を多めに摂るようにしましょう。

プチ断食は週に1〜2回でもかまわない

自分のライフスタイルから見直すという人は、思い切ってプチ断食を日常生活の中に取り入れるのもおすすめです。1〜2週間は空腹でつらくなりますが、人間の体は面白いもので、きちんと適応していきます。

ですので「苦しいのは1〜2週間だけ」と言い聞かせておきましょう。どうしても食べたくなったらナッツ類ならOKです。ただ、胃腸を休ませるという効果もありますので、食べないのが理想です。毎日が無理なら週1〜2回でもかまいません。

もちろん効果は下がります。でも無理して続けられなくてリバウンドするよりはマシです。この場合には、自分でスケジュールを組みやすい曜日を決めて行いましょう。毎週◯曜日はプチ断食と決めておけば継続しやすくなります。

もしくは、1ヶ月のうち1週間だけ頑張るというのでもありです。体重はすぐ戻るかもしれませんが、お腹周りは目に見えてすっきりしますし肌の状態の変化も実感しやすいので、やるのであればこちらのほうがおすすめではあります。

ポイントは無理をしないということ。そして試してみてメリットを実感できないなら継続しないこと。おそらくプチ断食との相性が悪いのかもしれません。無理はストレスにしかなりませんので、楽しみながらプチ断食できる場合のみ続けましょう。

まとめ

16時間のプチ断食をすると体内のグリコーゲンが不足して、お腹周りの脂肪がエネルギーとして使われるようになります。これによりお腹周りがすっきりとします。さらに最後に食べてから16時間経過するとオートファジーが始まります。

これがひとつの流れですので、オートファジーを起こそうとすれば自然とお腹周りがすっきりとします。そしてオートファジーによって肌の状態も良くなり、若返って見える人も出てきます。体が変われば心理面でも若々しくなるものです。

ただ16時間とはいえ食べ物を何も食べないというのは簡単なことではありません。継続するにはそれなりの適性も必要です。ですので無理のない範囲で行うように心がけてください。

あくまでも健康的な体を手に入れることは目的です。必要以上に痩せて、体に負担をかけないように気をつけましょう。

コラムカテゴリの最新記事