心が安らぐ小さな旅をしよう

心が安らぐ小さな旅をしよう

毎日同じ生活で息詰まる。新型コロナウイルスの感染拡大以降、自由に出掛けられなくなってしまい、ストレスが溜まっている人いますよね。活動的だった人ほど、この状況がとても退屈で刺激が欲しくなりますよね。緊急事態宣言が解除されても終わりの見えないトンネルにいるようです。

そういうときは小さな旅に出てみませんか?宿泊での旅というわけにはいきませんが、日帰りで小さな旅をするくらい問題ありません。それも人の少ない場所を目指せば安全です。そこで、今回は小さな旅についてお話しようかと思います。

人の多い観光スポットは避ける

小さな旅をするときに、本当はどこに行こうと自由なのですが、現在のように新型コロナウイルスの第2波が不安視されているような状況では、どこに行ってもいいというわけではありません。まず気をつけるべきは「人の多い場所は行かない」ということです。

有名な観光地は避けましょう。例えば神奈川でいえば江ノ島や鎌倉というのは避けるべきスポットです。東京なら浅草やお台場、スカイツリー周辺がなどがNGですが、そもそもそういう人が集まりやすい場所はリラックスするための旅の場所には不向きです。

息抜きにはなるかもしれませんが、たくさんの人がいる場所はストレスが溜まりますしこのような状況では気が休まりません。そんなところに出かけるくらいなら家で読書でもしている方が何倍もマシです。

そうなってくるとどこに行けばいいのか、ほとんど思いつかないという人もいますよね。まずは旅といえば観光地という発想を頭から切り離しましょう。確かに観光地はお店も多くて便利ですが、いま行く場所ではありません。

ではどのような場所に行けばいいのか、小さな旅の楽しみ方をご紹介します。

100選を求めてのんびり旅

観光地を避けてどこに行けばいいのか。実はこの国には見るべき景色がいくつもあります。なぜかその存在が完全に忘れ去られていますが。例えば名水百選というものがあります。これは昭和の名水百選と平成の名水百選の2種類があり、合わせて全国に200ヶ所も見るべき景色があります。

  • 名水百選
  • 疏水百選
  • 日本の秘境百選
  • 名湯百選
  • 日本の橋100選
  • ため池百選
  • 日本の庭園100選
  • デザインマンホール100選

これはほんの一部でしかなく、他にも様々な100選が日本にはあり、そのほとんどがひっそりとした場所にあります。こういう場所なら人も少なく、そして思わぬ絶景に出会えることもありますし、地元の人との会話を楽しむこともできます。そして名物をいただける場所もあります。

私はそれこそ名水百選を訪ねる旅を時々していますが、どの場所も独特の雰囲気があり、それでいてのんびりとしています。急ぐことなくしっかりと景色を楽しみリラックスをしましょう。

百選 – Wikipedia

自分で百選を探すのが難しいという人は、ウィキペディアを参考にしましょう。まずは興味のあるもので自分の暮らしている街の近くにある100選を目指して小さな旅をしてみましょう。

カメラがあると旅がもっと面白くなる

小さな旅をするのに特別なものはいりません。移動中の暇つぶしに愛読書が1冊くらいあればいいのですが、あえて持っていきたいものがあるとするならカメラです。

最近はスマホでもきれいな写真を撮れますが、おすすめはファインダーのあるミラーレスカメラです。ファインダーを覗くというアナログな感覚と小さな旅との相性がよく、目の前の瞬間を切り取っているような気分になります。

少し高い買い物になるので絶対に必要というものではありませんが、写真を撮れるようになると、日常の時間でも楽しみが増えます。SNSにアップするときでもスマホで撮った写真とミラーレスカメラで撮った写真では、美しさがまったく違います。

  • Canon EOS Kiss M
  • SONY α6100
  • FUJIFILM X-T100
  • OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III

このあたりが入門機としておすすめです。もっといいカメラもありますが、いきなり高機能すぎるカメラを手にしても持て余します。比較的リーズナブルな価格のカメラを選びましょう。そういう意味ではレンズ付きで5万円台で購入できるOLYMPUS OM-D E-M10 Mark IIIはかなりおすすめです。

ぜひ小さな旅のお供にミラーレスカメラを持っていきましょう。

落ち着くまではあまり遠くに行かないこと

小さな旅に制約はありません。自分で好きな場所に行けばいいのですが、今は空気を読むことも大切です。100選巡りをしていると、やはり少し遠くまで足を伸ばしたくなります。その時期だから見れる景色もあるので、「どうしてもいま行きたい」となってしまいます。

でも新型コロナウイルスが落ち着くまでは、それはがまんしておきましょう。基本的には暮らしている都道府県から出ないようにしましょう。行っても隣の県くらいまでがいいところだと考えてください。

遠出をしてそれをSNSに上げるとすぐに叩きたがる人が出てきます。どうしても遠くにまで行きたいなら、誰にも気付かれないようにそっと行ってきましょう。みんなに言いたい気持ちはわかりますが、SNSで叩かれるとメンタルに響きます。

いまはできるだけ目立たないように、ちょっと散歩に行く延長くらいの感じで楽しみましょう。いずれ遠くにも行けるようになります。それまでは自分で行きたいところリストでも作りながら、その日がやってくるのを待ちましょう。

コラムカテゴリの最新記事