知っているようで知らないベジタリアンとは?ビーガンなどの種類を分かりやすく解説

知っているようで知らないベジタリアンとは?ビーガンなどの種類を分かりやすく解説

健康を意識する人の多くがたどり着くのが、菜食主義のベジタリアンの存在です。体にいいものを追求していくと、どうしても野菜の存在は見逃せないのでベジタリアンに興味を持つのですが、どうも菜食主義者の雰囲気に馴染めないという人も多いはず。

ただ、その馴染めない理由としては「ベジタリアンがよく分からない」ということが考えられますので、そこでここでは、偏見なくベジタリアンと向き合えるようにベジタリアンの種類などを分かりやすく解説していきます。

ベジタリアンとは?

まずはベジタリアンとはどのような人を表すのかについて、お話していきます。ベジタリアンは日本語にすると菜食主義・菜食主義者ということになりますが、この背景にあるものがそれぞれに違います。

  • 宗教的な理由で野菜しか食べない
  • 健康上の理由で野菜しか食べない
  • 地球環境や動物を守るという観点から野菜しか食べない

他にもいろいろと背景がありますが、野菜しか食べない代表的な理由はこの3つのいずれかに該当します。日本で多いのは健康上の理由で野菜しか食べない人ですが、最近は動物を守るためにベジタリアンになった人も増えています。

ベジタリアンが難しいのは、背景が違うだけでなく何を食べて良くて、何を食べてはいけないのかが人によって違うという点にもあります。「ベジタリアンって野菜だけしか食べないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

ベジタリアンには食べていいものとそうでないものがあり、それがベジタリアンの種類としてわかれています。

ベジタリアンの種類と特長

  • ラクト・ベジタリアン
  • ラクト・オボ・ベジタリアン
  • ビーガン(ピュアベジタリアン)

日本ベジタリアン協会によると、ベジタリアンの種類はこのように3つに別れています。それぞれの特長を見ていきましょう。

ラクト・ベジタリアン

植物性食品:◯
乳・乳製品:◯
卵:◯

ラクト・ベジタリアンは卵を食べ、牛乳などの乳を飲むことができるベジタリアンです。欧米のベジタリアンに多いタイプで、タンパク質をしっかり摂れるため、栄養学的にはバランスの取れたベジタリアンです。

ラクト・オボ・ベジタリアン

植物性食品:◯
乳・乳製品:◯
卵:NG

ラクト・オボ・ベジタリアンは卵をNGとしていますが、乳や乳製品はOKです。こちらもややタンパク質が不足しがちですが、乳や乳製品で補うこともできるので、それほど無理なく続けることができます。

ビーガン(ピュアベジタリアン)

植物性食品:◯
乳・乳製品:NG
卵:NG

ビーガンは動物を搾取したり苦しめたりすることを嫌うため、肉や魚はもちろんのこと、卵も乳製品も摂取しません。さらにハチミツすらNGです。食べないだけでなく、動物の皮で作られた製品を使うこともありません。

さらにフルータリアンといって、植物を殺すこともしません。果実のように何度も収穫できる植物はOKですが、野菜のように摂ってしまうことで、命が途切れてしまうものは口にしないという人もいます。

野菜しか食べないことでのメリット

ベジタリアンになる日本人の多くが「健康になりたい」という思いを持っているかと思いますが、残念ながらベジタリアンは必ずしも健康的であるとは限りません。ベジタリアンの種類にもよりますが、タンパク質が不足しがちで、疲労回復が遅れてしまいます。

カルシウム不足にもなりやすく、骨が弱くなる人もいます。それでもベジタリアンを続けるのにはデメリットに負けないメリットがあるためです。

  • 内臓の負担が軽くなる
  • デトックス効果が期待できる
  • 生活習慣病リスクが下がる
  • 体臭が臭くなくなる
  • 穏やかな性格になる

ベジタリアンになることで、一般的にこのようなメリットがあるとされています。もちろん個人差はありますが、病気になりにくく、心も体も浄化されるというイメージを持って継続している人が多いようです。その結果、性格が穏やかになっていくのかもしれません。

そもそもベジタリアンになる切っ掛けがあり、多くのケースで健康上のトラブルを抱えていて、それを改善するためにベジタリアンを選ぶようになっています。野菜しか食べないことで、そのトラブルが明確に改善し、継続していくというのがよくあるベジタリアンになる流れです。

日本でベジタリアンになることの難しさ

日本でも最近はベジタリアン向けのレストランが増えてきて、普通のレストランでもベジタリアン用の料理が用意されています。このため、都市部であればベジタリアンで有り続けることはそれほど難しくありません。さらに日本は野菜を食べることを良いこととする文化があり、野菜は安い価格で手に入ります。

それでも日本でベジタリアンがそれほど増えないのが、飲み会などに参加しにくくなるというのも理由のひとつとして挙げられます。ベジタリアンへの理解度が低いので、ベジタリアンがいることに配慮したお店選びをしてくれることもありません。

そうなるとベジタリアンはどんどんと孤立していきます。飲み会には行きませんし、人付き合いも薄くなっていきます。日本の社会において孤立するのはとてもつらいことで、メンタル的にもあまりよろしくありません。

だから特別な理由がない限り、ベジタリアンを名乗らないほうがいいですし、仲間と食事をするときには肉や魚を普通に食べるのがおすすめです。食べる量を少し減らして、体への負担を下げつつも「たまにはいいか」くらいの感覚でないと続けるのが大変です。

また、ベジタリアンで十分な栄養を摂ろうと思うと、かなりの量を食べなくてはいけなくて、栄養バランスも考えなくてはいけません。食費もかかりますし、栄養の計算も面倒です。そこまでして継続する価値があるのか、よく自分で考えて始めるようにしましょう。

まとめ

なんとなくおしゃれな感じがあり、ファッションのひとつとしてベジタリアンになる人がいますが、これはあまりおすすめできません。確かに痩せやすくて、性格も穏やかになりますが、上手くやらないと健康を損ねてしまいます。人付き合いも悪くなります。

強い意志をもって行わないと、必ずどこかで挫折してしまいます。心が折れてしまうならまだしも、栄養不足で倒れるようなこともあるので、ベジタリアンになるにしてもラクト・ベジタリアンくらいにしておき、仲間と一緒のときには周りに合わせて肉も魚もほどほどに食べるのがおすすめです。

自分1人での食事で肉や魚を食べないくらいなら、それほど難しくはないはずです。体にも優しく、栄養不足さえ注意すればメリットはたくさんあります。徹底した菜食主義者になるのではなく、緩く野菜を楽しむ、野菜好きな人くらいを目指すのがいいのかもしれません。

コラムカテゴリの最新記事