肌や眼だけでなく髪や頭皮も紫外線対策が必要な理由

肌や眼だけでなく髪や頭皮も紫外線対策が必要な理由

今年は梅雨がなかなか明けず、どんよりとした天気が続きますが、曇天でも紫外線は容赦なく降り注いでいます。油断して紫外線対策をしていないと、あっという間に日焼けをして、あちこちにシミを作る原因になります。ですので、曇っていても紫外線対策というのはもはや常識ですよね。

ほとんどの人が腕や顔の日焼け止めをし、サングラスで目を守っているかと思います。でも髪や頭皮はどうでしょう?きちんと紫外線対策をしていますか?紫外線にさらされて、ボロボロになったままではないでしょうか。そこで、今回は髪や頭皮のUVケアについてお話します。

帽子や日傘で髪と頭皮を守る

肌は直接日焼け止めを塗ることができますが、髪と頭皮はそうもいきません。「塗る」タイプのケアができませんので、根本的に紫外線が届かないように気をつける必要があります。そこで役立つのが帽子や日傘です。

どちらもめんどうに感じる人がいるかもしれませんが、これをするのとしないのとでは髪と頭皮のダメージがまったく違ってきます。

紫外線は髪や頭皮を乾燥させ、髪のキューティクルがなくなってしまうため、枝毛や切れ毛が多くなるだけでなく、パサつきも発生します。人によっては髪が変色することもあり、頭皮はどんどんと老化が進んでいきます。頭皮は見えない部分なので厄介ですよね。

とはいえ、シンプルに紫外線をカットしてしまえば、髪も頭皮も守ることができます。UVカットできる帽子や日傘を使って、髪と頭皮を守りましょう。

髪専用UVスプレーを使用する

帽子や日傘で髪と頭皮を守るのが理想ですが、ロングヘアの場合にはそれらを使っても髪が紫外線にさらされてしまいますよね。そういう場合には髪専用のUVスプレーを使いましょう。

髪専用のUVスプレーはベタつくという印象があるかもしれませんが、最近は均一のミストで髪をコートできるアイテムが増えていますので、サラサラ感を残しながら髪を守れるようになっています。髪から10~15cm程度離した状態で、頭全体にムラなく吹きかけましょう。

髪はお互いがこすれてスプレー効果がすぐに落ちてしまいますので、できれば2〜3時間でかけ直すのが理想です。また、家に帰ったらきちんとシャンプーでスプレーを落とすことも忘れないようにしてください。

普段からダメージケア用シャンプーを使う

紫外線が強いこの季節は、ダメージケア用のシャンプーを使いましょう。まずはしっかりと髪専用UVスプレーを洗い流すために、お湯で髪をすすぎましょう。そのうえで泡立てたシャンプーを髪の表面に伸ばすようにして髪全体を洗いましょう。優しくいたわるように洗うのが理想です。

シャンプーのあとは髪を守るためにコンディショナーやトリートメントも忘れないでください。シャンプーは頭皮や髪の汚れを落としてくれますが、髪そのものは紫外線によって傷ついたままですので、保護が必要になります。

シャンプーが終わったら、できるだけ早めに髪の水分を拭き取ることも大事です。傷ついた髪が水分を吸いすぎて膨張してしまいます。タオルで水分を吸い取った後、ドライヤーでまんべんなく乾かしてください。ここまで行えば、頭皮と髪のダメージを最小限に抑えられます。

まとめ

紫外線対策として肌のケアをしている人でも、頭皮や髪まで気を使っているかと聞かれると、ほとんどの人が特別に何かをしているわけではありません。その結果、夏が終わる頃には髪がボロボロになっている人をよく見かけます。

そうならないために帽子や日傘を利用して、UVスプレーなども活用しながら髪を紫外線から守りましょう。紫外線はとても協力で、UVケアをしていても完全にカットすることは難しいので、この季節だけでもダメージケア用シャンプーを使って髪の修復を行ってください。

今年は曇りの日が多く、ケアなんてしなくても大丈夫と思っている人もいるようですが、曇りの日でもかなりの紫外線が降り注いでいますので、安心せずに頭皮と髪の紫外線対策も心がけましょう。

コラムカテゴリの最新記事