「ファイトケミカルスープと炊き立て玄米ご飯」で秋バテから抜け出そう

  • 2020.09.29
  • (更新日:2020.10.01)
  • 食品
「ファイトケミカルスープと炊き立て玄米ご飯」で秋バテから抜け出そう

暑い夏が終わって、過ごしやすい季節になってきたにもかかわらず、なぜか身体が重いという人は秋バテの可能性があります。気温の変化に体がついていけず、自律神経が乱れて体調がすぐれなくなる。そういうときはしっかり休むことと、健康的な食事を心掛けましょう。

特に食事は「何を食べるか」で秋バテからのリカバリー速度が変わってきます。ここでご紹介する「ファイトケミカルスープと炊き立て玄米ご飯」は秋バテ解消を目的としており、毎日の食事に取り入れるだけでじっくりと健康的な心と身体を取り戻すことができるスグレモノです。

玄米ご飯で腸内環境を整える

玄米ご飯は日本人が古くから食してきたスタイルのご飯で、ビタミンやミネラルはもちろんのこと食物繊維も多く含まれています。玄米の食物繊維は白米の約6倍、ビタミンEは約12倍、ミネラル分のマグネシウムは約5倍です。

食物繊維は腸内細菌にとってエサになり、腸内環境を整えるのに役立ちます。腸内環境と自律神経は連動しており、腸内環境が改善されると自律神経のバランスも改善されます。これにより気候変動によって乱れがちな自律神経を正常な状態に戻ることが期待できます。

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」にありますように、私たち日本人は1日4合の玄米を主食がベースに健康を維持してきました。ところが、玄米は白米と比べるとパサツキがあり、独特な臭いがするというのもあって、最近では健康志向の人しか食べなくなっています。

ところが「サンミの玄米ご飯はモチモチで食べやすく毎日でも食べたい。食後の便通が良くなった。」という声があがるほど人気商品で、美味しさの面でも満足できます。お茶碗1杯分150gずつ個別包装されていて扱いやすいのも嬉しいところ。

疲れた身体を守るファイトケミカルスープ

ファイトケミカルスープは元・ハーバード大学の准教授高橋医学博士が、推奨する野菜スープです。野菜には細胞を錆びないようにしてくれる抗酸化物質の「ファインケミカル」が含まれており、これを摂取しやすくするために作られたのがファイトケミカルスープです。

ファインケミカルの抗酸化物質が体内で発生した活性酸素を除去してくれるので、摂り続けることで疲労感がゆっくりと抜けていきます。

スープ状になっているので調理の過程で抗酸化物質や他の栄養素が抜け落ちることなく、効率的に栄養補給できるのがこのスープの魅力になります。無着色、保存料無添加、香料無添加、塩、砂糖不使用で、野菜の甘味だけで調味されていますので、安心して継続利用できます。

玄米ご飯で腸内環境を整え、ファイトケミカルスープで細胞を活性酸素から守る。この2つの方法で秋バテを抜け出そうというのが、この商品のコンセプトになります。どうも身体が重くて100%を出しきれない。理由はよくわからないけどすぐに疲れてしまうという人は、ぜひお試しください。

ファイトケミカルスープと炊き立て玄米ご飯 商品概要

ファイトケミカルスープと炊き立て玄米ご飯は8日間のトライアルセットになっています。1日だけでは心も身体も変化がほとんどわかりませんが、3〜4日くらいしたくらいから効果を実感し、8日間継続すると秋バテから抜け出せる感覚があるはずです。

気に入った場合には継続使用してもいいですし、秋バテから脱したということで、また普段どおりの食事に戻し、自分を整えたくなったときにまた再開するという使い方もおすすめです。

内容:8日間トライアルセット(8食分)
価格:5,000円(税抜)
発売日:2020年10月1日

公式サイト購入する

食品カテゴリの最新記事