インスタントに頼らない!レンジで5分チンするだけチャントミール「おかずスープ」

インスタントに頼らない!レンジで5分チンするだけチャントミール「おかずスープ」

新型コロナウイルスの影響で、家族が自宅で過ごす時間が増えた家庭が多いかと思います。そうなってくると料理を作るお母さんの負担が大きくなり、ついついインスタント食品やファストフードなどを頼ってしまいがちですが、それらは栄養価が低いだけでなく中毒性もあるので、頻繁に口にするのは好ましくありません。

かといって、家族分の3食をすべて作るとなると、専業主婦でも簡単なことではありません。でも大人はともかくお子さんには体にいいものを食べさせたいですよね。そんな願いを叶えてくれるのがチャントミールの冷凍食品である「おかずスープ」です。

スープだけどおかずになる「おかずスープ」

「おかずスープ」はその名前からもわかりますように、おかずになるスープです。コンセプトは「レンジでチンするだけで手軽に安全に食べられて、保存が出来る、そして副菜ではなく主菜として食べられる、手作りおかずスープ」です。

このような商品があれば、忙しくてもお子さんだけでなく家族みんなの健康管理をしながらも、調理の時間を省くことができますよね。

冷凍食品として保存ができ、電子レンジでチンするだけで熱々の本格的スープを楽しめる「おかずスープ」は新型コロナウイルスで家族の食事準備に関する悩みを抱えている主婦にとって強い味方になります。1食をこのおかずスープにすることで家事の負担がずいぶんと楽になるはずです。

同じように便利な冷凍食品はいくつもありますが、その多くが濃い味付けをしています。濃い味付けのほうが味の印象が強く残り、美味しく感じるためですが、そのような味付けの料理は、何度も食べているうちに飽きてしまいます。でも「おかずスープ」は毎日食べられるように薄味に仕上げています。

そういうこだわりからも、他の冷凍食品とは一線を画する商品だということが分かってもられるかと思います。

早い・安い・旨いが揃った「おかずスープ」

おかずスープは副菜としてのさらりとしたスープではなく、スープ自体がメインのおかずになるように、ゴロゴロとした具材を豊富に入れて、「食べる」スープとなっています。

スープのベースは3種類「トマト」「クリーム」「だし」です。それぞれのスープにはたっぷりの野菜を煮込んでありますが、メイン具材を「肉」「魚」「野菜」とし、スープ3種類×メイン具材3種類、合計9種類のスープが用意されています。

これらのスープの特長は「早い・安い・旨い」とファストフードを思い浮かばせるものになっていますが、それぞれの特長について簡単にご紹介していきます。

早い

冷凍食品ではあるものの具材や容器を工夫し、電子レンジ600Wで5分、800W4分を目安にして調理が完了します。調理時間が短いので家庭だけでなく職場でのお昼ごはん、おやつや夜食に手軽に利用できます。

安い

この「おかずスープ」最大の特長は、その安さにあります。なんと1個380円(税抜)しかかかりませんので、日常食として利用しても家計の財布をそれほど圧迫しません。この安さを実現するために、かなりの企業努力があったことと思いますが、この価格なら家に常にストックしておきたいですよね。

うまい

最近は料理自慢のお父さんやお母さんが増えていますが、「おかずスープ」はレストランのシェフが監修していますので、おうちで作れそうで作れない魔法の一手間二手間をスープに注ぎ込み、素晴らしい逸品に仕上げています。素朴な味付けなのに、何度も味わいたくなるスープになっています。

「おかずスープ」商品概要

「一杯のスープでやすらぎと活力を」これがスープ開発に込めたスローガン、理念です。温かいスープによって、人の心に安らぎが与えられ、バランスの取れた栄養価で活力を得て欲しいと願って作られました。

夏になると冷たいものばかり選びがちですが、温かいものは内臓をに優しく、夏バテを防いでくれる効果も期待できます。栄養バランスも優れた商品ですので、ぜひ下記販売サイトからお求めください。2ヶ月も賞味期限がありますので、1セットストックしておくといざというときに助かります。

発売は7月19日からですので、明日以降にアクセスしてみてください。

名称:冷凍おかずスープ
小売価格:380円(税別)
商品展開:全9種類(スープ3種×具材3種)
ベーススープ:3種(クリーム、トマト、出汁)
具材:3種(肉メイン、魚メイン、野菜メイン)

内容量:200ml
賞味期限:2ヶ月
温め時間:電子レンジ600Wで5分 800Wで4分
パッケージ:紙容器にカップシール

販売サイト:https://chantmeal.com/

チャントミールで購入する

食品カテゴリの最新記事