バスタイムに自分と向き合おう「クナイプ バスソルト サンダルウッドの香り」

バスタイムに自分と向き合おう「クナイプ バスソルト サンダルウッドの香り」

ドイツ生まれのハーバルブランドのクナイプ(Kneipp)。ドイツではシェアNo.1の入浴剤メーカーとして知られており、日本でも美容意識の高い女性を中心に利用者が増えています。そんなクナイプから新しい香りのバスソルト「サンダルウッドの香り」が発売されることになりました。

発売日は9月22日で少し先ですが、そろそろ自宅のバスソルトがなくなりそうという人は、新しいものを買わずに「クナイプ バスソルト サンダルウッドの香り」の発売日を待ってみてはいかがでしょう?もちろん追加で購入してもいいんですけどね。

コンセプトは「自分と向き合う時間」

新型コロナウイルスの影響で、ライフスタイルが大きく変わってしまったという人もいるかと思います。生活に余裕ができる方向で変わった人はいいのですが、前よりも忙しくなった人もいれば、ストレスを感じやすくなったという人もいますよね。

そういうときは温泉などに行って、リラックスする時間を作りたいところですがこういうご時世ですので、温泉に行くのは不安だったり、周りの空気を読んだらとてもお出かけできそうにないかもしれません。だったら、自宅の入浴時間を活用するというのはどうでしょう。

ドイツのハーバルブランドのクナイプは、忙しくてリラックスする時間を確保できないという人のために、「自分と向き合う時間」をコンセプトにした、バスソルト「サンダルウッドの香り」を発売開始します。

このバスソルトはリラックス効果の高いハーブ、サンダルウッドとパチュリから抽出した天然植物成分を配合しています。サンダルウッドはいわゆる白檀で、どこか懐かしさを感じる香りで、不安や緊張を鎮めて自分の内側へと意識を向けるように手助けしてくれます。

パチュリは馴染みがないかもしれませんが、湿った土や墨汁のような香りがします。ストレスからくる心のイライラを鎮め、前向きな気分を取り戻す効果があると言われています。

サンダルウッドでまずは心の波を鎮め、そしてパチェリで前向きな気持ちになる。そんな効果が期待できる入浴剤ですので、不安を感じていたり、イライラしているなと感じた時の使用がおすすめです。

バスソルトの効果

最近ドラッグストアでもバスソルトを見かけるようになってきましたが、バスソルトは普通の入浴剤といったい何が違うのでしょう?海水浴をしたときみたいに、ベタベタして気持ち悪くならないのか気になりますよね。バスソルトには次のような効果があると言われています。

  • 保湿・美肌
  • デトックス
  • 血行促進
  • 冷え対策
  • むくみ防止

医薬品ではありませんので、確実に効果があると記載されることはありませんが、古くからある民間療法のようなもので、実際にこれらの効果を実感して、毎日の生活に取り入れているという人もいます。

バスソルトを使うと追い焚きやシャンプーでの利用などができなくなるなどの制約が出てしまいますが、1人暮らしなら追い焚きをすることもないかと思いますので、それほど問題はないかと思います。

これから湿度が下がり乾燥しやすい季節になりますので、乾燥肌で悩んでいるならバスソルトはとても強い味方になってくれるはずです。その他に血行が促進されますので、冷え対策やむくみ防止などの効果も期待できます。お風呂に入るだけで、こんなにも効果があるなんて素敵ですよね。

夏はシャワーで済ませていた人も、これからのシーズンはリラックスするためにもバスソルトを使った入浴をしてみてはいかがでしょう。

クナイプ バスソルト サンダルウッドの香り 商品概要

クナイプ バスソルト サンダルウッドの香りは大容量の850gと、1回分の50gの2種類があります。まずは50gでお試ししてみて、香りが気に入ったのであれば、850gのほうをお求めください。全国のドラッグストアで9月22日から販売予定となっています。

クナイプ バスソルト サンダルウッドの香り
内容量:850g / 50g
価格:850g・ 2,400円(税抜)/ 50 g 150円(税抜)
発売日:2020年9月22日

販売店舗:全国のドラッグストア

アイテムカテゴリの最新記事