「20 PIECES」に泊まって、京都で仲間と時間を分かち合う旅をしよう

  • 2020.10.07
「20 PIECES」に泊まって、京都で仲間と時間を分かち合う旅をしよう

心が落ち着く観光地といえば京都。でも京都に行くとあれもこれも観たくなって、結局慌ただしく過ごしてしまいがち。仲間と過ごすなにげない瞬間をもっと大切にすると、京都の違った一面が見えてきます。だからこそ、京都の宿泊先にはこだわりたいところ。

もし4人以上の仲間が集まって京都を旅するなら、「20 PIECES」はどうでしょう。「20 PIECES」は「どこにいくかよりも、誰と過ごすか」をコンセプトに、2020年10月17日オープンするコンドミニアムタイプの宿泊施設です。

仲間とのつながりが大切な時代に求められる宿泊施設

新型コロナウイルスの影響で、私たちはかつてない分断を体験しています。物理的にもソーシャルディスタンスによって切り離され、そして新型コロナウイルスに対する考え方の違いから精神的な分断もおこなわれ、かつて大切だった人たちとの距離が開いてしまいました。

すでに過去に戻ることはできませんが、そういう時代だからこそ一緒の時間を過ごせる仲間とのつながりを大切にしなくてはいけません。ただ、特別なことをするのではなく、穏やかに同じ時間を過ごすだけ。「20 PIECES」はそんな時間を提供してくれる宿泊施設です。

旅を豊かにするスペシャルアイテム

「20 PIECES」では家族や仲間と過ごす時間を、もっと豊かにするために、特別なアイテムを部屋に用意しています。特別なことをしなくても、このアイテムが有るだけで、宿での時間がもっと華やかになり、大切な想い出として刻まれていきます。

そんなアイテムの一部をご紹介します。

土鍋炊飯器「siroca – かまどさん電気」
全自動炊飯専用土鍋。いつもの炊飯器と同じ使い方で、ふっくら美味しい土鍋ご飯が出来上がる。もう炊飯器には戻れない。

ホーロー鍋「VERMICULAR – オーブンポット」
熱の伝わり方をコントロールするテクノロジーで、野菜を主役に変えてくれる。高い気密性により、栄養価が高い「無水調理」が可能。普段の料理をもっと美味しく。

ミキサー「Vitamix – Ascent2500i」
「混ぜる」「砕く」「冷やす」「刻む」「温める」「挽く」「こねる」の8機能が1台で。種や皮、 芯など丸ごと入れられ、栄養をそのまま吸収できる。これを使って料理のレパートリーを増やしてみては。

ターンテーブル「House of Marley – STIR IT UP WIRELESS TURNTABLE」
最新のテクノロジーにエコとレトロな外観を兼ね備えた最新のターンテーブル。

スピーカー「Marshall – ACTON II BLUETOOTH」
「音量」「低音」「高音」を調整するコントロールノブによりお好みの音にカスタマイズ。ダイナミックな音を素晴らしいステレオサウンドで再現。

20 PIECES 施設概要

「20 PIECES」は暖炉があるお部屋や、大きな窓から東本願寺さんを眺められるお部屋など、それぞれのシーンに合ったお部屋を6タイプから選ぶことができます。客室サイズは平均50㎡以上もあり、ほとんどの客室がロフトタイプのベッドなので、リビング・ダイニングをより広く利用できます。

全室システムキッチン付きで、洗面台は2台あるので、朝の身支度も心地よくスムーズにできます。バス・トイレは、もちろん全室セパレートタイプです。

住所〒600-8158
京都府京都市下京区 卓屋町63番地
交通アクセス京都駅から徒歩7分
電話番号0756-44-5890
メールアドレスinfo@20pieces.jp
公式サイトhttps://piecehotel.com/20pieces/
総客室数20室

カテゴリの最新記事