週末はコアジサイを見に行こう!6月下旬まで六甲高山植物園で見頃

  • 2020.06.16
週末はコアジサイを見に行こう!6月下旬まで六甲高山植物園で見頃

六甲山にある六甲高山植物園では甘い香りが漂う清楚なアジサイ「コアジサイ」が見頃になりました。コアジサイは市街地ではあまり見られないアジサイで、装飾花がなく香りのよい花を咲かせます。この数日の気温上昇で開花したとのこと。

6月下旬頃まで見られるということ。晴れた日のコアジサイもいいのですが、人気があるのは梅雨の時期には霧の中に咲く幻想的な姿です。天気予報とにらめっこになるかもしれませんが、この時期だけにしか見られない花に癒やされてみませんか?

いまだけ見られる2つの植物

六甲高山植物園でいま見ておきたいのはコアジサイとキヨスミウツボ。あまり聞き慣れない名前かと思いますので、それぞれの植物についてご紹介します。

コアジサイ(アジサイ科)

コアジサイは本州(関東以西)・四国・九州の山地に生える落葉低木で、高さは1m~1.5m、花は径5cmほどです。シバアジサイ(柴紫陽花)とも呼ばれ、アジサイによく見られる大きな装飾花がないため、他の種に比べて派手さはありません。

その代わりに甘い香りを放ち、花粉を運んでくれる昆虫たちを誘います。花色は、淡青紫色の優しい色合いで、株により花の色調が微かに違い、青色が濃いものから白に近いものまで様々な色合いがみられます。木陰で咲くコアジサイは、小さいながらも風情があります。

キヨスミウツボ(ハマウツボ科)

キヨスミウツボは、山地の木陰に生育する寄生植物で、六甲高山植物園で栽培しているアジサイの根に寄生しています。梅雨の一時期にしか姿が見られないため、希少な植物として来園者の注目を集めています。

日本では北海道~九州の山地の木陰に生え、カシ類、アジサイ類などの樹木の根に寄生する植物です。高さは5~10cmで、どの根からも出てくるわけではなく、条件があった限られた場所でのみ見られます。花色は、他の植物に寄生して養分を得ているため、葉緑素がなく白色をしています。

千葉県清澄山で採集され、花がウツボグサと似ていることからこの和名がつけられました。開花後に花が黄色に変色するため、オウトウカ(黄筒花)ともいわれます。

六甲高山植物園施設概要

アクセス
六甲ケーブル下駅→ケーブルカー→六甲山上駅→バス→六甲高山植物園

開園期間~11月23日(月・祝)
休園日
6月中は無休(詳細はHPを要確認)
開園時間10:00~17:00(16:30受付終了)
入園料大人(中学生以上):700円
小人(4歳~小学生):350円
HPhttps://www.rokkosan.com/hana/

カテゴリの最新記事